<< なつやすみ その3 | main | 阿蘇のシフォンケーキ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.01.23 Thursday |  | - | - | - | 

ぶ厚い本も、読書の秋から始めよう

 今週はすごく涼しくて、夏のしっぽがするするっと手をすり抜けて離れていった感じ。
大好きな秋が始まった♪・・・よね?

最近、ちょっとずつ読書ができるようになってきた1号に、マイ父母が誕生祝にと
ハリーポッターシリーズのぶ厚い本「賢者の石」と「秘密の部屋」をプレゼントしてくれた。
今年のお正月に親子でまず映像の方にハマって以来、
DVDが欲しいくらい、あたしも大好きなシリーズなのだけど、
いい機会だから本を読ませたいな、と
マイ父母に手を回し、誕生日プレゼントとなったわけである。

しかしね、やっぱりあのぶ厚さゆえか、3年生ゆえか、読みペースが上がっていかない。
ま、次回映画(来年夏)までに4作まで読破目標に頑張ろうね、1号。(無理)
4作目からは、あのぶ厚さ2倍!の上下巻仕立てなんだよね〜♪

♪って。実はあたしが一番楽しんで読んでる。あの分厚さが、たまらないよねー。
翻訳に色々批評もあるようだけど、英語読んでないし(読めないし)いいもんねー。
少年少女たちに読んでもらいたいなあ〜。
わくわくしてもらいたいな〜。

J.K. ローリング
コメント:映画は原作をすごく忠実に再現してるんだな〜!と改めて感心した。ストーリーを知っていても、わくわくドキドキが止まらないよ。手に汗にぎり、友情に涙。本を開くたびにホグワーツに飛んで行く!

2009.09.03 Thursday | 20:56 | comments(0) | - | 映画と音楽そして本 | 

スポンサーサイト

2014.01.23 Thursday | 20:56 | - | - | - |